正規店のデメリット

修理前に初期化が必要なのが欠点


iPhone修理の正規店を利用するデメリットですが、原則データを初期化しなければならない点です。スマホを普通に使うだけでも、本体には色々なデータが保存されます。プライベート用のiPhoneでも数々の写真や動画、そしてアプリのデータが保存されている事でしょう。正規店は基本的に、どんな修理でも初期化が前提になっているのがネックです。スマホに限らず電子機器を初期化すると、すべてのデータが本体から消えます。一度消えてしまったデータは修復する事が出来ず、その作業をする前に消えてほしくないデータはすべて移動しなければなりません。クラウドに預けたり、パソコンに転送するなど工夫次第で、大事な写真や大量の動画などが消える事は防げますが、一刻も早くiPhone修理をしたい時に、そのような下準備をしなければいけないのは、なかなか辛いのが実情です。

正規店は修理費用がとても高いのが難点


iPhone修理の正規店は、スマホ修理の値段が全体的にお高めです。水没修理や画面割れの修理といった定番の修理内容も、費用対効果があまり良くありません。新世代のスマホの場合、特に修理費用が高くなっており、メンテナンスを頼むよりも新しいスマホに買い替えた方が安い位のコストになるのが難点です。故障個所が複数になった場合や重度のトラブルの場合、修理費用がとても高くなります。

イヤホンジャックを取り換えたり、ホームボタンの部品を交換する等、比較的軽い修理だったとしても、修理費用が高めになっており、気軽にお店に端末を預けにくいのがデメリットです。iPhone修理は緊急性が高い事であり、他のお買い物や旅行などを我慢したり先送りしなければなりません。