非正規店を利用する際の注意点

非正規店で修理をすると正規店でサービスが受けられなくなる


非正規店でiPhoneの修理を依頼する場合、正規店と比較して料金が安い、修理までそれほど時間がかからないといったメリットがあると言われています。しかし、非正規店に修理を頼む際は、注意しておくべき点もいくつかあります。そのひとつが、一度非正規店で修理をすると、それ以降正規店での修理などのサービスが受けられなくなるという事です。非正規店で修理されたiPhoneは正規店では改造品とみなされてしまい、修理を頼んでも対応してくれません。またメーカー保証の対象外となる可能性もある他、大手キャリアの保証サービスも受けられなくなる場合もあります。このような情報を知らないという方は少なくないので、修理をする際はあらかじめ知っておくべき情報と言えるでしょう。

安いパーツを使って修理をするといった非正規店もある


正規店と非正規店ではメーカーの認可があるかないかという違いがあると言えます。しかし、iPhoneの修理をしてくれるほとんどの非正規店の場合、用意されている部品やスタッフの技術は正規店に見劣りしないほど高いレベルにあります。しかし、一部には修理をした後でもまた同じような故障が発生してしまうような非正規店も存在しているのでその点は注意が必要です。ほとんどの非正規店ではメーカー純正のパーツを使いません。そのため、修理代を安くする代わりに品質があまり良くないパーツを修理に使うといったケースもあります。そうなるとiPhone自体の性能レベルが低下してしまいます。また修理できる技術が備わっていないにも関わらず、修理を受け付けている非正規店も一部あるので、その点も注意しておくべきでしょう。

iphone5sの修理は放置せず即座に相談しましょう。初期段階の対応によってはトラブルも軽度で済む場合があります。