非正規店のデメリット

メーカー保証の範囲外となってしまうことも


毎日使用していると急に電源が入らなくなったり画面が割れてしまったりなどのアクシデントに見舞われてしまうことがしばしばありますよね。そんな時、近くに正規店があればすぐに修理しに行くことが出来るのですが、実際のところ正規店は離れたところにしかなかったり、近くにあったとしても混雑していて長時間待たされてしまうということがほとんどです。その場合、非正規店で修理することを検討しますが、非正規店の利用にはいくつかのデメリットがあるので注意が必要です。

まず、最も大きなデメリットとして挙げられるのが、非正規店で修理することによってメーカー保証の対象外になってしまうという難点です。非正規店や個人で本体の分解や改造を行なった場合、メーカー保証は効かなくなります。もし、今後正規店で修理することも検討しているのなら、非正規店の利用は控えた方が良いかもしれません。

お店によっては修理のクオリティが低い


非正規店の利用を検討して色々なお店の情報を調べていると、「激安」や「早くて安い」などといったセールスコピーをよく見かけます。魅力的な謳い文句ですが、実はこれが大きな落とし穴になっていることがあるので注意が必要です。非正規店の多くでは本体を修理する際に内部で使用するパーツ類に純正品では無いものを使用しています。悪質な部品を使っているというわけではないのですが、やはり純正品に比べるとバッテリーの駆動時間が短く感じたり、液晶画面が暗く感じたりすることがあるようです。

また、非正規店を利用した人の中には、せっかく修理してもらったのにまたすぐに故障してしまったという人もいるようです。もちろん、全ての非正規店がそうというわけではありませんが、利用する際には料金だけではなくお店の評判なども気にして、修理の質をしっかりと見極める必要がありそうです。

バッテリーの充電が十分なのにiphoneが起動しないという症状が発生したときは、強制再起動で症状が改善することがあります。強制再起動は機種によって異なるので説明書などで操作方法を確認してから行いましょう。