正規店を利用する際の注意点

端末のデータが消えてしまう


iPhoneの修理を正規店に依頼するときの注意点として挙げられるのが、端末のデータに関することです。正規店の場合、修理の段階で端末の内部データを全て消去してしまうことが多いでしょう。そのためiPhoneの修理が終わって、綺麗な状態で戻ってきても修理前に保存していたデータはありません。端末のデータが消えてしまうのであれば、正規店に修理を依頼したくないと考えてしまう人もいるかもしれません。しかし、この端末のデータが消えてしまう問題は対策を行うことで解決できます。

その解決方法がバックアップを取っておくことです。修理前のデータを別の場所に保存しておくことで、そのデータを修理後のiPhoneに移動できます。そうすることによって修理前と同じような状態でiPhoneを利用できるようになるでしょう。

過失による故障は保証が適用されない


iPhoneを購入するときに、正規店の保証サービスの契約を行っている人も多いのではないでしょうか。この保証サービスの期間内であれば、基本的には無料で修理を行ってもらえます。しかし、この正規店の保証サービスは過失による故障には適用されないので、注意が必要です。事故であれば適用されますが、自分の不注意で故障させてしまった場合は適用されないケースもあります。そのためiPhoneは丁寧に扱っておくのが重要になります。

また正規店には人が殺到していることが多く、すぐに修理を行ってもらえない可能性が高いため注意が必要です。すぐに修理を行ってもらいたい場合は、事前に正規店の修理サービスの予約を行っておくのが良い方法だと言えます。事前に予約しておくことで、待ち時間なしで修理の相談を行えます。

充電器に挿しているのにiphoneの充電ができない時がありますが、2本同時に充電できるタイプの充電器を使っている場合は、片方で充電している電力が大きすぎてiphoneを充電できない場合があります。